· 

やっと出会えた、足の機能を取り戻すシューズ Vivobarefoot(ビボべアフット)

 

スラックラインに出会って10年以上経ち、屋外で裸足で遊ぶ事が多くなりました。

その中で、靴というものに違和感、疑問を抱き続けていました。

 

そして、やっと僕の考え方にドンピシャで当てはまる、むしろその先を行く理念のシューズメーカーに出会いました!

 

その素晴らしいシューズを皆様にもお伝えしたいのです!

 

ブログの最後には、ビボベアフットがお安く買える、お得なクーポンコードがあります。

興味ある方は最後までお付き合いください!

 

 

Vivobarefoot(ビボべアフット)です。

彼らは人間本来の足機能を取り戻すことで、より健康な生活を送り、自然の中を進むべきという理念のもとベアフッドシューズ生み出すイギリスのブランド。

 

実はファッションだけを追い求めた靴は人間本来の自然な足の形に合っていないのです。

窮屈な靴を長時間履き続けると、足の指の筋力が弱まり、次第に足が靴の形になっていきます。

自然な足の形が失われてしまいます。

 

 

そして優れた感覚器官である足の形が崩れると、本来のバランス能力が発揮できなくなります。

 

毎日履くものだからこそ、足に良い靴を。

自分自身だけでなく、子供達の足の為にも!そんなシューズ。

 

 

さて、僕はプロスラックライナーなので、スラックライン目線での使用感もレビューします。

 

まず、ロングライン、ハイライン、など1インチ系のスラックラインでもとても乗り易いです。

足裏感覚が裸足が100%だとすれば、ビボベアフット90%くらいです。

冬場などでは寒さから守ってくれるので、裸足より良いです。

 

トリックラインでは色々な理由からシューズは必須かなと思います。

歴代の最高のトリックラインシューズはFive Tenの旧スピットファイア!(現行のじゃなくて)と言う人は多いと思います。

しかし、それを遥かに凌駕した使用感です!

 

シューズとしての良さも残しつつ、高い足裏感覚でめちゃくちゃ乗り易いのです。

そして、耐久性も高くハードな使用にも耐えれます。

 

しかし、このシューズはスラックラインだけでなく、

 

「普段から使用して足の機能を取り戻す」

 

そんなコンセプトで使用してもらいたいのです!

 

そうする事で、より一層足裏感覚が育ち、体幹との連動も生まれ、スラックラインが乗り易くなります。

 

一般的な靴に疑問、違和感をもたれている方にビボベアフットはおすすめです!

 

 

 もし購入してみたい方は、お得なクーポンコードがあります。

 

『10%割引コード:Toru_Osugi_Friends』

 

購入画面にて割引コード入力すると10%OFFでVivobarefoot JAPAN直販サイトから購入可能です!

 

「私のサイズはどれくらいだろう?」

 

サイズ選びに関してですが、今履いているシューズのUS、UEサイズ表記はあまり参考にせず、足実寸の+1〜1.7cmのサイズを選んで下さい。爪先が親指の幅くらい十分なスペースがあるのが理想です。

 

またインソール中敷)をはずす事でも履き心地を調整出来ます。僕は、はずして履いています。

 

また、現在サイズ交換に関してかかる手数料は全てメーカーが負担しておりますので、安心してご注文ください。

 

また、スラックラインイベントでの試着会やバレルスラックラインジムでも試着出来る様に準備を進めていますので、お楽しみに!

 

『10%割引コード:Toru_Osugi_Friends』

Slackline Research / スラックラインリサーチ

イベント実績日本一!

日本全国どこでもスラックラインに関するご依頼を承っております。

スラックライン世界チャンピオン率いるスタッフで対応いたします。

スラックラインに関する様々なご依頼を募集しております。

ご不明な点は、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ: 09041064851(担当:大杉)