メディア情報

メディア情報 · 2020/01/27
雨や風の強い悪天候でも快適にスラックラインが出来る施設が誕生しました! マットも充実しており、普段チャレンジ出来ない技もここでは可能! 初心者から上級者まで楽しめる様に様々なラインが設置されています。 BARREL(バレル)は樽という意味ですが、 晴れの国、岡山にちなんで、晴れる→ばれる→BARREL(バレル) 鉄骨に板張りで樽の様な内観もあり、洒落もきいててBARREL SLACKLINE GYM(バレルスラックラインジム)に決定しました。 是非、バレルジムにスキルを熟成させにきてください!

メディア情報 · 2019/12/27
Toru"Gappai"Osugi Showreel 2019の動画が出来ましたのでご覧ください。 2019年もあと少し。 2018年は1インチスラックラインの普及の為、スラックラインリサーチを始めました。プリミティブセットは100セット近く皆様にお届け出来ました。2019年はハイラインを中心に頑張りました。2020年は今まで培ってきたものを恩返しできたらなと。良いお年を。

メディア情報 · 2019/12/19
pan (スラックティビティ)のアンバサダーである阿部正樹によるShowreel2019の映像です。 ハイラインフリースタイルを得意とする彼のスタイリッシュなパフォーマンスをご覧ください。

メディア情報 · 2019/12/17
スラックラインをはじめて10年が過ぎました。 最初は新しい動きを考える事が楽しくて楽しくて。 その延長で大会に参加する様になり、スラックラインワールドカップで優勝したのは6、7年前。 世界一にはなったけど、世界一バランスが良いわけではない。 そこから、バランスを追求していく事が楽しくて楽しくて。

メディア情報 · 2019/07/25
先々月の7月号に続き、7月25日発売の9月号Safari(サファリ)No.191にSlacktivity(スラックティビティ)のオールラウンドが掲載されました。 17ページ目に掲載されています。今話題のクライミング、フレスコボールと共に掲載されています。 撮影スタッフ、モデルもスラックラインの魅力にハマってしまったそうです。

メディア情報 · 2019/07/01
フジテレビ「キスマイ超BUSAIKU」21:00〜23:28で放送。 Kis My Ft (キスマイ) の玉森くんがスラックライン、しかもウォーターラインに挑戦します。 ウォーターラインとは、水上で行うスラックラインの事。 水面が揺れる為、難易度が通常の数倍にもなります。 長年スラックラインをやっていてもウォーターラインは歩けない方も多くいます。 この度、そのミッションに協力すべく私、大杉徹(Gappai)が講師として参加させて頂きました。

メディア情報 · 2019/06/04
ファッション雑誌”Safari / サファリ”2019年7月号掲載にスラックラインが掲載されました! 6月25日発売の2019年7月号ファッション雑誌”Safari / サファリ”で4ページにわたりスラックライン特集が組まれました。 その中でスラックラインリサーチ、スラックティビティ、ギボンの製品も取り上げて頂きました。 おかげでスラックアンカーのお問い合わせも増えています。 また、新たな層へスラックラインをアピールさせていただく良い機会になりました。 スラックラインリサーチではスラックラインのイメージを変えていく為に今後も活動していきすのでお楽しみに。 サファリはお近くのコンビニまたは書店で容易に手に入りますので是非チェックしてみてください。

メディア情報 · 2019/05/17
4月は講習会の多い月でした。 室内でスラックラインを楽しむのに便利なスラックラックとうい道具があります。 今年からなんと新宿区の小学校全校にスラックラックが導入されます! それに伴い、新宿区の各学校の先生方を集めてスラックラインの説明、取り扱い方を簡単に講習してきました。 また、世田谷区三軒茶屋にある学校でもスラックラックを使って頂けるとの事で、同内容の講習会をしてきました。 講習が終わった後は、必ずと言っていいほど、 居残りして練習してる方が何名かいます♪ スラックラインのコツが分かるともっと楽しくなっちゃうんですよね〜。 皆さんも是非、コツ!見つけてみてね♪

メディア情報 · 2019/05/09
一般社団法人日本スラックライン連盟(Japan Slackline Federation)とはスラックラインの普及啓蒙活動を行う日本最大のスラックライン団体です。日本には現在130名を超える公認インストラクターが誕生しています。 わたくしスラックラインリサーチの大杉も教育部長として携わらせて頂いています。 新たに「ロングライン安全マニュアル」と「ロングライン基礎技能」を更新しましたのでご紹介します。 昨今、スラックラインの普及とともにSNSでよく危険な設置、体験会など多く目にすることがあります。 リスクを最小限に抑える為にも安全マニュアルには目を通してスラックラインをおこないましょう。

メディア情報 · 2019/04/26
先週末は鳥取県は八頭群にて"NEW PICNIC DAY vol.3"に参加してきました。 最高の天気で、ゆったりとしたイベントでした。 体験会&パフォーマンスでみなさんにスラックラインを楽しんでいただきました。 帰りに鳥取砂丘の夕日に黄昏て帰りました。

さらに表示する